月影十番勝負 第八番「ダブルアルバム」

夕方からは、ぼくと相方とその友人の3人連れで新宿へレッツラ・ゴウ!。
劇団☆新感線に所属する高田聖子のプロジェクト「月影十番勝負」の第八番目、“ダブルアルバム”を観に来ているのです。
ケラが主宰するナイロン100℃を代表するように、ここ最近は、いわゆる小劇場系の舞台演出がかなり映画的(オープニングやエンディングでスタッフロールを流したり、幕間にフィルムを使用したりなど)になってきているなか、この月影十番勝負で演じられる作品はすべて、ガッチガチの演劇的なものだと思うのですね。
よく言えば「本物の演劇」という印象なんですが、悪く言えば「華がない」。
だからでしょうか、観客も比較的年齢層が高いように思われます。
新感線の観客がどちらかというと“ミーハー路線の若い女子”という層であるなら、今回の観客は“落ち着いて観る演劇好きのオヂサマ、オバサマたち”という感じとでも言えばいいのでしょうか……(怒られそう)。
しかしながらそういった“落ち着いて観る客層”と思わされたのは見た目だけの話で、実際には……トホホのホ。
笑うべきではないようなところで笑う客や、おかしくはないけど笑わそうとしているところでムリして笑っている客が多いのですよ。いやーん。
別にお笑いのステージを見に来ているのじゃないんだから、おかしくなかったらおかしくないで笑う必要はないと思うのだけど、ああいった人たちは「笑ってあげないと」と優しい方々が多いのでしょうか。

肝心のステージ内容だが、前半はかなり退屈なんです。
展開がトロいうえにセリフが説明チックなので、ストーリーがまったく見えてこないのですよね。
後半になり、ようやくメリハリが出てきてエンジンも掛かりだした感じだけど、ちょっと「今ごろ……」と残念な気がしないでもないんです。
やっぱり演出が地味すぎるのかなあ……。
扱っているテーマが、家族の問題としてはかなり重いものであるので、もっと狂気をさらけ出した方が、よりリアルになったかもしれません。
(あるいは、昨今の「映画的演出」にぼくが毒づいてしまって、派手でないと満足できない身体になってしまっただけなのかもしれないけど)
あ、でも決して面白くなかったというわけではないですよ。
たった3名の役者だけでありながらも、舞台の時空が50年前と現在が交互に展開され、さらにはそれぞれの年代のそれぞれの登場人物からの視点を描くあたりは、下手すると、観客を混乱させるだけであったと思うのですが、役者が見事にキャラクターを演じ分けているあたり、さすが。
だからこそ、地味な演出だったのが余計で残念でならないのですね。
月影十番勝負 第八番「ダブルアルバム」

NYLON100℃「ハルディン・ホテル」(本多劇場)

今日は下北沢の本多劇場で行われるナイロン100℃の公演にレッツラゴウ。
今回はただの公演じゃなく、「10周年記念公演」という冠まで付いている。
そうかー。10年もやっていると今やケラなんて「劇団健康」の主宰者ではなく、ましてやパンクバンド「有頂天」のリーダーでもなく、「ナイロン100℃を主宰する演劇の奇才」という紹介になっちゃうのですね。

ロビーには、この10年に開催された公演ポスターが25枚、展示されていてイヤがうえでも歴史を感じさせています。
会場はファンがギッシリ詰めかけてもう熱気ムンムン。ただの公演ではなく、10周年記念公演であることへの期待感もかなり高いのでしょうね。
公演時間は間に休憩を挟み3時間、終了したのは22時20分過ぎでした。
終わって時計を観て「長っ!」。
でも、今回はまったくそんな長さを感じさせません。
(いや、ケツの痛さだけが、3時間の上演時間の長さを物語っていたかも)
前半は、特に登場人物全員が織りなす異様なテンションで、観客をグイグイと過去のエピソードに引きずり込んでいきます。
このあたりの見せ方はさすがケラ。2階分しかないセットも、ある仕掛けをうまく使うことで、観客には8階建てのホテルにうまく見せかけていますね。
そして10分の休憩を挟み、展開する後半。
やや回収し損ねているエピソードもありましたが、前半のテンションを一転、登場人物全員が抱える何らかの狂気を表すことで、またしても観客を"先が読めないストーリー"の渦中へ放り込むのです。
そしていい加減、観客が登場人物の狂気が持つ毒気に当てられ、救いようのないエンディングに向かうのかと思いきや......突然訪れるロマンティックな幕切れ。
いやあ今回の作品はちょっとやられちゃいました。

個人的には、先ほども書いたように「回収されなかったエピソード」に加えて、時代考証の甘さもちょっと気になるところでした。
(例えば93年の話なのに、ポケベルではなく携帯電話を使用していたり、その携帯もポケットにはいるようなコンパクトなものであったり)
そんなマイナス点をさっ引いても、ラストのロマンティックな幕切れにはちょいとホロリときたので、不問としましょう。

役者名も、10年前にあわせて今回は表示しています。
犬山犬子さんは、「犬山イヌコ」。
こんなところでも10年の歴史を感じさせてくれるのですねえ。
犬山さんは
ところで、この(↑)チケットの画像イメージ、デジカメで撮ったらなぜかこんな具合に黄色っぽくなっちゃいました。
もうダメなのかなあ......このデジカメ。新しいデジカメが欲しいなあ。誰かください。
あ、別にスキャナでもいいですよ。

天野月子「Tour of The DRAGON」(SHIBUYA-AX)

夜、SHIBUYA-AXで天野月子のコンサートにレッツラゴウ。
1500人もの巨大キャパシティながらも「ライブハウス」に行くのは本当に久しぶり。
そんなに大きなライブハウスだけに、問題は「いい場所が取れるかどうか」。
整理番号順で入場するオールスタンディングなので、入って場所を確保するまで、いったいどんな場所で観られるのかがまったく不明なんですね。
その場所取りを左右する整理番号なんですが、474番。
これが後ろなのか前なのか、さっぱり判らずずっとヤキモキ。
最初のチケット、474番。

そんなヤキモキ状態で入場を待っていると、隣に立っていた女の子がぼくに向かっていきなり、「お1人ですか?」なんて訊いてくるのですよ!
“おお、これは逆ナンパか! フフフ、ガキンショしかいない観客のなかで、ひとり大人のムードを醸し出しているこのオレさまの魅力に溜まらず、声を掛けてきたのだな。ムフ、ムフフフ……”といった心の声はおくびにも出さず、最大級の笑顔で「はい、そうですよ」。
すると彼女は

「チケットを交換してもらえますか?」。
“え? 逆ナンパじゃないの? ガッカリ……”などという内心の落ち込みをおくびにも出さず、よくよく聞いてみると、彼女のチケット番号は285番なのだが、友人が400番台で一緒に入場をするため、もったいないから交換する人を捜していた、なんて言うのですよ。
お姉ちゃん、あんたはエライよ。
普通、友達が400番台だったら、285番のチケットを持っていてもそのまま400番台で一緒に入場するでしょう?
なのに、自分にはひとつも得にはならないのに、こんな風に他の人にチケットを譲るだなんて……なかなかできることじゃないですよ。
お姉ちゃん、逆ナンパだなんて不埒なことを考えたこのオジサンを許しておくれ……。
交換してくれたチケット、285番。

やがて入場、親切お姉ちゃんのおかげで、なんとステージ正面真ん中の、しかもかなり前方(間に5人くらいいるだけ)に位置することができました。
これってなかなかナイス位置をキープしており、開演してビックリ!
なんとすぐ目の前に天野月子がいるのですよ!
いや、さすがはライブハウス、いいっす。指定席のコンサートに行き慣れたぼくとしては、とても新鮮な気持ちでライブを楽しめました。

ただライブハウスって、全公演内容が終了しても「終わりました」のアナウンスってないんですね。
おかげで観客の拍手が鳴りやまない。仕方なしに出てきた天野月子、予定の曲がなくなってしまってメチャクチャ困ってました。
でもちゃんと弾き語りで2曲(うち1曲は本当に予定外で、はじめに練習なども行ったり)、歌うあたりはとってもサービス満点。
そこにまた惚れちゃいました。

【本日のセットリスト】

01. 菩提樹
02. 鮫
03. Love Dealer
04. Treasure
05. 青紫

~本日のアコースティックコーナー~
06. Honey
07. B.G.(胸キュンタイプ)
08. 懐メロカバー(ギャランドゥ)

09. 蝶
10. 人形
11. 箱庭
12. 日曜日
13. 時計台の鐘
14. 恋
15. スナイパー
16. トムパンクス
17. 龍
18. 巨大獣

~アンコール~
19. 骨(弾き語り)

~予定外~
20. 象(弾き語り)

また次回行きます。
ただちょっと気になったのは、観客の中でひょっとしたらぼくが最年長の部類に入っている……のかな?