シティボーイズミックス「パパ・センプリチータ」(アートスフィア)

昨日の四人囃子に引き続き、今日は天王洲でシティボーイズの公演を観に行きました。

シティボーイズの公演は、毎年行くようになって、もうかれこれ10年以上経つのですが、なぜか、前の方の席に当たることが多いのですね。
今回の席も「A列」で最前列、しかも「22番」ということで、ほぼど真ん中の席でした。
おかげでナマの臨場感が、いつも以上に味わえて大満足です。

【大興奮】
犬山犬子(ナイロン100℃からの客演です)が、ぼくの目の前に倒れるシーンがあったのですけど(本当は、舞台上で倒れるだけのシーンなのですが、ステージの高さ的にちょうどぼくの目の前になるのですね)、かすかに香水のいい匂いが......ウヒー(←変態か)。

【コワイ】
中村有志扮する"キレたクレーマー"が、納豆についているからしパックをチューチュー捻り飛ばすシーンがあったのですが、捻り出す勢いが強かったのか、中身が観客席まで飛んできて大パニック......キャー。

【腹】
斉木しげるが「王子さま」の扮装をするのですが、......何というのか、これはあまり最前列では見たくありませんでした......。

【オロオロ】
きたろうが出番のタイミングを間違えて、なかなか出てこなかったとき、舞台上では大竹まことが「早く出て来い」と舞台袖に何度も目線をチラチラ。
最初は「何を見ているのかな」と解らなかったのですが、アドリブで「(きたろうは)何をしているのだ」「出てこない」と連発されて、ようやく何が起こっているのか理解しました。 大竹まことがあんなにオロオロしているのをみるのも珍しいかもしれません。

いやー、ハプニングが多かったからか、昨日の舞台はこれまでのシティボーイズの公演のなかでも、1、2を争う異様なテンションで、なかなか面白かったですね。
また来年も観に行きたいものです。
最前列が嬉しかったシティボーイズ

さて、いつもなら天王洲に向かうには、

  • JRで浜松町に出る
  • モノレールに乗り換え
  • モノレール天王洲駅到着

というルートをとるのですが、今回はたまたま地図を見ていて「あれ?」。
なんだか天王洲って、モノレールにかなり揺られるので、ものすごく遠いところのようなイメージがあったのですが、実は品川のすぐ隣、目と鼻の先なんですね。
そこで今回は天王洲のアートスフィアまで品川から歩いていきました。
で、例によって写真付お散歩帳です。

1人掛けベンチ × 3人分
運河沿いの小道の1人掛けベンチ × 3人分。なんか外国の景色のようです。

覗き猫
公園で日向ぼっこしていた猫、近寄るとベンチに隠れてしまいました。

煙? 地震雲?
これ、何なのでしょう? 煙ではないですよね。まさか地震雲......ブルブル。

夕暮れ時の運河
天王洲の運河、ビルの向こうに日が沈んでいきました。

覗き猫(その2)
これは家の近所です。覗き猫の第2弾、溝の中からジッと見つめられてしまいました。